トップページ

個人で、事業を行っている方で、
消費税をお支払いになっている方は、
株式会社などの会社を設立すれば、
会社設立から1年目、2年目は、
消費税が免除される場合があります
(一部例外あります)
消費税が免除になるか

ご相談ください。

トピックス


消費税輸出還付のご相談は、堤税理士会計事務所にお任せ下さい
税務調査対策も経験豊富な税理士で安心

  • 創設以来25年間、数多くの個人事業主さま、
  • アパート経営者さまを主にサポートしています。
  • 創設以来、数百件もの確定申告を代理しております。
  • 減価償却、青色専従者給与、消費税などについて、プロとして
  • 節税のアドバイスを的確に行います。

税務代理権限書を添付いたします!

税務代理権限証書の添付により、
申告後の税務署からの問合せが税理士を通して行われます。
税務署との交渉を
税理士に任せることが出来安心です。

当事務所の税理士は税務調査経験も豊富です。

3月15日までに
確定申告などが必要な方

  • 給与の収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を2ヶ所以上から受けている方
  • 給与所得、退職所得以外の所得金額が20万円を超える方等
  • 不動産所得、事業所得がある方
  • 相続時精算課税など贈与税の特例適用を受ける方
  • 譲渡所得のある方など

ご準備いただくもの


・過年度の確定申告書
・通帳
・領収書
・請求書控え
・契約書(不動産売買、賃貸など)
・医療費の領収書
・社会保険料通知書、領収書、生命保険料、地震保険料控除証明書 等

新規で会社を立ち上げて税理士をお探しの方へ

事業を個人で行ったほうがいいのか、
法人で行ったほうがいいのか分からない、
開業後いつまでにどの書類をどこに提出したらいいのか分からない。
何も分からない方でも安心、
経験豊富な信頼できる税理士が
あなたをバックアップいたします

給与所得者で確定申告が必要な場合

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
  • 2 1か所から給与の支払を受けている人で、
  • 給与所得及び退職所得以外の所得が20万円を超える人
  • 3 2か所以上から給与の支払を受けている人で、
  • 主たる給与以外の給与の収入金額と
  • 給与所得及び退職所得以外の所得の金額額が20万円を超える人


    (注)給与所得の収入金額から、
    雑損控除
    医療費控除寄附金控除基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、
    給与所得
    及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

  • 4 同族会社の役員などで、
  • その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人
  • その他の者
  • 給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額には、次の所得は入りません。

    1. 1 上場株式等の配当や少額配当などで確定申告をしないことを選択したもの
    2. 2 特定口座の源泉徴収選択口座内の株式等の譲渡による所得で、確定申告をしないことを選択したもの
    3. 3 源泉分離課税とされる預貯金や公社債の利子
    4. 4 源泉分離課税とされる抵当証券などの金融類似商品の収益
    5. 5 源泉分離課税とされる一定の割引債の償還差益
    6. 6 源泉分離課税とされる一時払養老保険の差益で一定のもの
堤税理士事務所にご相談ください
048(648)9380

堤税理士事務所(埼玉県さいたま市大宮区)は
中小企業庁等より認定された
「経営革新等支援機関」です。
税金、経営、法務まで、精通しております
お気軽にご相談下さい


海外取引が増えてきた現在
当税理士事務所のお客様には
輸出入、海外取引を行う方が多く
輸出入等の書類は基本的に全部英語ですが
輸出業者は消費税が
還付になることが多く、
それらの
消費税還付申告についても
精通しております。

税務調査対策もお任せ下さい。

消費税還付申告はお任せ下さい。

合同会社 埼玉会計
堤税理士会計事務所
電話048(648)9380 
税理士にお気軽にご相談下さい