永年勤続者の記念品等

このエントリーをはてなブックマークに追加

(課税しない経済的利益……

永年勤続者の記念品等)

36-21 使用者が永年勤続した役員又は使用人の表彰に当たり、

その記念として旅行、観劇等に招待し、又は記 念品

(現物に代えて支給する金銭は含まない。)

を支給することにより当該役員又は使用人が受ける利益で、

次に掲げる要件のいずれにも該当するものについては、

課税しなくて差し支えない。

(1) 当該利益の額が、当該役員又は使用人の勤続期間等に照らし、

社会通念上相当と認められること。

(2) 当該表彰が、おおむね10年以上の勤続年数の者を対象とし、かつ、

2回以上表彰を受ける者については、

おおむね5年以上の間隔をおいて行われるものであること。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です