プール、 アスレチック施設等を備えた住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

プール、 アスレチック施設等を備えた住宅で、
居住者以外の者が利用料を支払えば利用可能な場合は、
居住者から家賃の一部としてその利用料に相当する額を徴収していても、
その部分は課税対象になる。

2017年4月9日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : 消費税輸出還付に詳しいさいたま市,大宮,浦和,岩槻,上尾市,蓮田市,税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA